淡路まさみ

From 昭和碟典 ♥ Showa Pops Encyclopedia
Jump to: navigation, search
淡路まさみ(あわじ・まさみ AwajiMasami,?-)

经历

「明星」の1972年7月号では、134ページより四ページにわたって、「新人歌手総括(注 1972年です)特集 この夏をのっとる奴は誰だ」という音楽記者座談会の特集が組まれ、その年の上半期にデビューした五人の新人若手女性歌手の水着姿とプロフィールが掲載され、どのタイプが人気が出るか、誰が一番のスターになるかについての激論(?)がなされています。五人とデビュー曲は葉山ユリ「大人同士」、加納エリ子「汽笛が泣いている」、山口いづみ「緑の季節」、麻丘めぐみ「芽ばえ」、そして、この淡路まさみ「初恋の頃」です。前記のテーマの議論についての短期的正解はすでに歴史的事実ですが、長期的正解も・・・同じでしょうか

Discography

初恋の頃
A 初恋の頃1972年3月 / LL-10188-JCOLUMBIA作词阿久悠,作曲平尾昌晃,编曲森岡賢一郎
B お茶にしましょう作词阿久悠,作曲平尾昌晃,编曲森岡賢一郎



月夜のマドンナ
A 月夜のマドンナ1972年7月 / LL-10194-JCOLUMBIA作词阿久悠,作曲平尾昌晃,编曲森岡賢一郎
B 恋は風のように作词阿久悠,作曲平尾昌晃,编曲森岡賢一郎