橘アンリ

From 昭和碟典 ♥ Showa Pops Encyclopedia
Jump to: navigation, search
TachibanaAnri-pt-197004.jpg
橘アンリ(たちばな・あんり Tachibana Anri,1948年?-)

四国松山出身。六兄妹之老幺(上有4个姐姐)。Gay女装歌手。1969年与东京赤坂的Hotel New Japan以女歌手身份签下驻唱约而成为一时话题。

经历

もうほとんどの人は忘れてしまっているでしょうが(生まれていない?)、1960年代後半という時代は、高度経済成長期の真っ只中であると同時に「性転換」ブームと呼べるような時代でした。1965年10月に性転換手術を行った医師が優生保護法違反で摘発された「ブルーボーイ事件」がきっかけになり、その判決(有罪)が確定する1970年ころまで、マスコミはともかくやたらとこの種の情報を流しまくったからです。


国内では、雄琴温泉の性転換芸者よし幸、性転換ダンサー銀座ローズ、同ジュリアン・ジュリーなど、海外ネタではオーストリアの有名女子スキー選手の男性への性転換、アメリカの性転換女性作家の妊娠騒動、イギリスの性転換女性アッシュレー夫人の離婚裁判などが報じられました。カルーセル麻紀が売り出したのも、丸山(美輪)明宏が三島由紀夫脚本の「黒蜥蜴」に女優として主演して大ヒットしたのもこの時代でした。


そんな時代に咲いた花のひとつが女装歌手橘アンリ(21 自称)でした。彼女は、1969年9月に東京赤坂のホテル・ニュージャパンと「女性」歌手として出演契約を結んで話題になった人です。混血女性のような顔だちきゃしゃな首、スラリとした脚、ミニドレス姿で週3回、のレストランのステージに立ち、シャンソンやカンツォーネを歌いました。声はやはり低音、それでも外人がほんとんどの客にはOKだったようです。


彼女は、四国の松山で6人兄弟の末っ子に生まれ、小学校時代に両親と死別し、4人の姉に囲まれて、しゃべる言葉は女言葉、姉たちの感性を自分の感覚として成長しました。中学2年の時、ゲイの大学生にフェラチオされて目覚め、野球の名門松山商業高校時代もオネエ言葉で通したそうです。卒業後は上京して会計事務所に勤めましたが1年半しか続かず、四谷のゲイバー「一力茶屋」へ入店、ゲイボーイとして「女」を磨きました。そして、芸能マネージャーの目に留まり、9カ月の歌のレッスンの後、めでたくデビューとなりました。


東京オリンピック(1964年)前後の赤坂は、ちょっと不良っぽい外人が多く、インターナショナルで怪しい雰囲気の街でした。ブルーボーイ・ショーで評判になった「ゴールデン赤坂」などショーを売り物にするクラブやゲイバーも多く、そう、現在の六本木と新宿歌舞伎町を混ぜたような感じかもしれません。アンリはそうした街に咲いた妖しい一輪の花だったのです。


「彼女の場合は美少年で売ってるのでしょう。わたしは外見もこの通り女だし、女として売ってるの」。アンリは、当時売り出し中のピーターにライバル意識を燃やしていました。しかし「歌手として一流に」という彼女の夢はかないませんでした。ライバル視したピーター(池畑慎之介)のその後の大活躍とは比べる術もありません。


アンリが歌った13年後、ホテル・ニュージャパンは紅蓮の炎に包まれ、死者33人の大惨事を起こします。そのニュースをアンリはどこでどうして見ていたのでしょうか。


——出处:日本女装昔話 番外編(参考资料:『週刊文春』1969年10月20日号)

Discography

A 甘い生活1970年7月1日 / BS-1232KING作词阿久悠,作曲江口浩司,编曲馬飼野俊一
B 作词阿久悠,作曲江口浩司,编曲馬飼野俊一
甘い生活
甘い生活 性格设定