三浦恭子

From 昭和碟典 ♥ Showa Pops Encyclopedia
Jump to: navigation, search
三浦恭子(みうら・きょうこ Miura Kyoko,1947年4月8日-)

东京都墨田区生。

经历

“秋のおどり”宣传册
“夏のおどり”时

1964年17岁时加入日劇ダンシングチームNDT),与西川純代近江ツヤ子川本芳子桜井節子等人同期。虽然从1965年起能登上宣传册的封面,但此时剧团正值第二黄金期,老一辈的上條美佐保藤井輝子等依旧活跃,后辈森田敏子内田繁子西川三知代等日渐出彩,单飞之必要性变得格外迫切。1967年9月在剧团演出“秋のおどり”上与川本芳子一同演唱了《Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band》,受到极大欢迎。因此被東芝看中,于1968年9月发表了处女单曲《女は生きるために泣く》。

Discography

女は生きるために泣く
A 女は生きるために泣く1968年9月1日 / TP-2049東芝作词なかにし礼,作曲鈴木邦彦,编曲クニ河内
B 嘆きの湖作词山上路夫,作编曲鈴木邦彦



恋の数え唄
A 恋の数え唄1969年6月 / TP-2154東芝作词なかにし礼,作编曲鈴木邦彦
B 夜が来るたびに作词なかにし礼,作编曲鈴木邦彦
第二单曲。A面为Calypso风,和声是尾崎紀世彦在籍时的サ・ワンダース,B面为仅1分56秒长的ビート歌謡



CD化